入れ歯コラムCOLUMN

快適性を重視した精密部分入れ歯治療について

入れ歯治療において、患者様からのご要望として多いのが、「違和感の軽減」です。
違和感という言葉で一言で括ることはできますが、その中身は多岐に渡ります。
発音のしやすさ、舌先で触った感触、厚み、味、口唇の感触、呼吸の問題、などなど、患者様によって表現も様々ですし、その感度も全く異なります。
今回は上の前歯部の真ん中2本を失われた方の精密部分入れ歯治療のご紹介です。
違和感の軽減だけを考えれば、ブリッジ治療や、インプラント治療も選択肢に考えられますが、今回は隣の歯を削ったり外科処置をせずに部分入れ歯という方法で、極力違和感のないものを作って欲しいというご要望でした。
内側の厚みを紙のように極力薄くするために特別な金属を使用し、味の問題の改善のためにその金属を樹脂でコーティングした形で作成致しました。
完成までに患者様の詳細に渡るご要望をお聞きしながら、試着を重ね、入れ歯専門技工士とのコミュニケーションを重ねて作り上げていきます。
薄くすればするほどに強度の心配もあり、どこを薄くしてどこに厚みを持たせて強度を出すのか、材料は何が適しているのか、、、、と試行錯誤を繰り返した治療です。
最終的には患者様にも大変喜んで頂くことができました。
当院では患者様の様々なご要望にお答えする形で、その方その方に合わせたオーダーメイド入れ歯治療のご提案をしております。
一日5名限定、全てドクター対応、お一人貸切診療にて、じっくりと丁寧な治療を心がけております。

_DSC1217
_DSC1223
_DSC1213
_DSC1851
_DSC1856
_DSC1875