若くして入れ歯に
なってしまった方へ
DENTURE

若くして入れ歯に
なってしまった方へ

「若いのに入れ歯に
しなければいけなくなった」

実は、そんなお悩みを抱える30~40代の女性が大勢いることをご存知でしょうか?
多くの方は、「入れ歯は高齢者がするもの」と考えられがちですが、
決してそうではありません。実際には、事故やケガ、
摂食障害、幼少期のトラウマや歯科恐怖症、むし歯や歯周病などが原因で、
健康な自分の歯を失ってしまう若い方は少なくありません。

歯を失ってしまった場合の
3つの治療方法

何らかの理由で歯を失ってしまった場合、3つの治療方法があります。

ブリッジ

失ってしまった歯の両隣の健康な歯を削って整え、そこを土台にし、橋を渡すように人工歯で補う治療方法です。

インプラント

インプラント治療は外科手術となり、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、人工歯をかぶせる治療方法です。

入れ歯

失ってしまった歯に取り外しが可能な装置を装着する治療方法です。入れ歯には総入れ歯と部分入れ歯の2種類あります。

入れ歯治療の選択

失ってしまった歯を差し歯やインプラントで治療できる場合もありますが、お口や体の状況から、入れ歯以外の選択肢を選ぶことが難しい場合もあります。それでも、若い方、特に女性の方にとって「入れ歯」という選択をするのには、大きな抵抗があるでしょう。

入れ歯に抵抗がある理由

「入れ歯」は多くの方にとって、他人には知られたくない、プライバシーが高いものだと思います。
またそれは、一般的な入れ歯の審美性には問題があり、入れ歯をしていることが人にわかってしまう心配や、入れ歯のための通院を誰かに知られる心配で、気が重くなるからではないでしょうか?

当院ならではの治療方法

当院では、高い審美性を誇り、まるで自分の歯のように噛める完全オーダーメイドの入れ歯を作製しております。
熟練の技工士が職人技ともいえる技術を駆使して作製する入れ歯は、今までの入れ歯のイメージを覆します。女性の場合はより若々しく美しい口元を作るため、口紅のひきやすさや、口紅映えも考慮し、自然な口元、自然な笑顔を取り戻していただけるよう、日々研鑽しています。

完全個室のカウンセリングルーム

当院に来られる患者様は、大きな悩みを抱えて来られます。
人の目を気にすることなく吐露できる場を作るためにも完全個室はもちろん、予約の時間を調整し、前後の患者様同士ができる限りお顔を合せて気まずい思いをされなくて済むように配慮しています。
まさに医院貸切りの状態です。「若いのに入れ歯に…」とお悩みの方は、ぜひ、一度当院にご相談ください。