入れ歯コラムCOLUMN

オーダーメイド精密入れ歯の挑戦

当院が精密入れ歯治療に力を入れ始めたのがちょうど10年前、お一人貸切、全てドクター対応という当院の特徴を生かし、「オーダーメイド精密入れ歯」という診療スタイルに力を注いできました。
その方その方の細かなご要望に耳を傾け、お一人お一人の患者様の骨格や歯茎の特徴、噛み合わせなど精密に型取り、計測し、その患者様にとっての世界に一つだけの特別な精密入れ歯を作り上げることを最大の目標としております。
私自身も入れ歯専門技工士の森永さんも、あちこちの勉強会に参加し、日々入れ歯治療の研究と試行錯誤を繰り返し、1日1ミリでもレベルアップできるように、様々な取り組みに挑戦しています。
今回の患者様は歯周病によって高度に顎の骨が吸収してしまった方で、入れ歯の安定感や噛み合わせが悪いだけではなく、入れ歯になって大きく人相が変わってしまい、自然な自分の顔に戻りたい、というご要望で当院にお越しくださいました。
顎の骨の骨格計測や、噛み合わせの計測、特殊な材料を使用して歯茎だけではなく、口の中の空間全体の精密な型取りを行い、入れ歯専門技工士立会いのもと試し入れを重ね、その患者様のお口の中とご要望にぴったりとフィットする精密入れ歯を作り上げていきました。
かなり顎の骨の吸収が大きかったため、入れ歯の容積も非常に大きくなり、通常の2倍の分量の材料を使用して作り上げましたが、完成した日は非常にお喜びになっていただくことができました。
我々のレベルアップに伴って、来られる患者様の難易度も上がっているように感じますが、これからも最高の入れ歯製作を目指して、日々精進していきたいと思います。

顎の骨の骨格計測
_DSC6801

高度に吸収した下の歯茎
_DSC1055

頬や舌の筋肉の運動や口の中全体を再現した精密な型取り
_DSC0591
_DSC0592
_DSC0590
_DSC0904

試着用の入れ歯
_DSC0876

完成した精密入れ歯
_DSC1530
_DSC1533