入れ歯コラムCOLUMN

総入れ歯治療を検討している人は歯磨きについて知っておこう

総入れ歯でも歯磨きは必要?


総入れ歯を使用していると、「歯がないのだから歯磨きなんてする必要ないのでは?」と思われる方も少なからずいらっしゃいます。ですが、実は総入れ歯の場合でも、毎日の歯磨きなどの口腔ケアをしっかりする必要があるのです。


その理由は、総入れ歯を使用すると口の中に汚れが溜まりやすくなるから。天然歯の場合は歯や歯茎だけを磨くことがほとんどですが、総入れ歯の場合は入れ歯の裏側や歯茎にあたる部分にも汚れがつきます。虫歯や歯周病を防ぐために、毎日入れ歯を外して、入れ歯とお口の中の両方をお掃除する必要があるのです。


総入れ歯で歯磨きしないとどうなる?


入れ歯のお手入れのみで、お口の中のケアをしていない場合、次のようなトラブルが起きる可能性があります。


(1)細菌やウイルスが繁殖する


総入れ歯にして歯がなくなっても、口内の粘膜では多くの細菌やウイルスが繁殖します。歯周病菌やカンジダ菌が有名ですが、これらの細菌は歯茎の炎症や口臭の原因になるだけでなく、肺に入り込むことで誤嚥性肺炎を引き起こす危険性まであるのです。


(2)粘膜の免疫力が低下する


歯磨きをすることで分泌される唾液には、細菌やウイルスの活動が活性化したり、体内に侵入することを防いだりする「免疫システム」があります。ところが歯磨きや口腔ケアを怠ってしまうと、唾液が十分に分泌されず、粘膜の免疫力が低下してしまうという悪影響があります。

入れ歯や口腔ケアを怠ると、口内だけでなく全身の健康を脅かすリスクがあるということを押さえておきましょう。


総入れ歯の歯磨き&お手入れ法を知ろう


健康な口内を保つためにも、入れ歯のお手入れと口腔ケアの正しい方法を知っておきましょう。


(1)入れ歯のお手入れと保管方法


総入れ歯は必ず「外してから」お手入れします。市販されている入れ歯用の歯ブラシを使用し、流水に当てながら歯の間から裏側まで丁寧に磨きましょう。入れ歯は乾燥に弱いため、保管する際は水または入れ歯洗浄剤に浸けておくようにしましょう。


(2)口腔ケアの方法


市販されている口腔ケアの道具は、先にスポンジがついたケアブラシや指に巻いてふき取るように使用するウエットティッシュなどさまざまな種類があります。歯茎だけでなく、頬の内側や上あごなどお口の中全体を力を入れないように優しく磨くようにしましょう。

汚れや細菌は舌の表面にも付着するため、舌ブラシも合わせて使用することをおすすめします。


総入れ歯に関する相談は、専門のクリニックへ


患者様おひとりおひとりにぴったりの「精密入れ歯」を専門にする木下歯科医院では、総入れ歯の製作から口腔ケアのサポートまで、すべてを院長自らが担当致します。

入れ歯が初めての方でもご利用いただける完全予約制の無料相談も実施しておりますので、ぜひ一度お問い合わせください。


★神戸の精密入れ歯専門外来・木下歯科医院の症例を見る>>

医療法人社団 木下歯科医院 
院長 木下 貴雄

  • 国立徳島大学歯学部歯学科 卒業
  • IPSG咬合認定医
  • BPSメンバー(日本第一号となる精密入れ歯国際ライセンス認定歯科医師)