Q&AFAQ

30代、インプラントと総入れ歯どちらがよいでしょうか?

30代というお若いご年齢で歯を失われ、インプラントと総入れ歯のどちらが良いのか?というお問い合わせは非常に多くあります。
ここで問題となりますので、インプラントと入れ歯の構造上の違いです。
インプラントというのは、チタンでできた人工歯根です。
チタン製の土台にセラミックを被せるのが一般的ですが、全て人工物ですので虫歯にはなりません。
反対にこのチタン製の歯根部分が埋まっているのはご自身の骨になります。
つまり骨の病気「歯周病」になると、インプラント周囲の骨が破壊されてしまい、強くて丈夫なインプラントも、インプラントの歯周病「インプラント周囲炎」になります。
天然の歯の歯周病は適切な治療を行えば進行を止めることができますが、インプラント周囲炎は進行を止めることは非常に難しく一旦起こってしまうとどんどん進んでしまう病気なのです。
反対に、総入れ歯の場合は虫歯や歯周病になってしまう原因となる天然の歯は失われた状態ですので、治療後は虫歯や歯周病になるリスクはありません。
ここでポイントとなりますのは、30代で総入れ歯を選択せざるを得ないくらい虫歯や歯周病が進行してしまった方が、新たに植えたインプラントをインプラント周囲炎にならないように管理することができるのか、ということなのです。
食生活や歯ブラシの仕方、こまめな専門的なクリーニングなど、いろいろな手を尽くさなければインプラント周囲炎にならないように管理することは難しいかと思います。
またインプラントは外科処置となりますので、歯科恐怖症の方にとっては非常にハードルの高い治療となります。
このような背景から、30代でインプラントか総入れ歯を選択せざるを得ない方にとっては、総入れ歯の選択も良いご決断になるのではと考えます。
当院の精密入れ歯では、入れ歯だと気づかれない高い審美性と、快適に食事のできる安定感のある入れ歯を製作することは技術的に可能です。
詳細は是非一度当院のカウンセリングをお受けいただくことをお勧め致します。