症例CASE

18.歯の破折やインプラント治療による噛み合わせのズレを、精密審美入れ歯にて修復した治療

Before

  • before 18.歯の破折やインプラント治療による噛み合わせのズレを、精密審美入れ歯にて修復した治療

After

  • before 18.歯の破折やインプラント治療による噛み合わせのズレを、精密審美入れ歯にて修復した治療
症例 BPS精密審美義歯
年代 60代
性別 男性
治療内容 6年間近くの歯医者さんに通い続けいているが、一向に治療が終わらない、治療しながら他の歯がどんどん壊れていく、なんとか安定した状態にしてほしいという御要望で来て下さった患者様です。咬む平面がかなり乱れており、インプラントもたくさん植えられていたのですが、ほとんどの歯が割れてしまっていました。
期間 現在準備中です
リスク・副作用 多数の歯の抜歯を伴う治療であるため、全身疾患をお持ちの患者様の場合は、担当の内科医との相談の上治療を行う必要があります。グラグラの歯を抜歯して精密な入れ歯を入れるため、よく噛めるようにはなりますが、入れ歯を入れた初期の頃は、違和感や発音の問題が起こる場合があります。治療が進むに当たり、微調整を繰り返し、そのような問題は解消していきます。
費用 3,200,000円(抜歯後の仮歯、リハビリ用の仮歯、最終の精密審美義歯)