KINOSHTA DENTAL OFFICE

入れ歯専門歯科医院|神戸精密入れ歯歯科室

阪急神戸線御影駅徒歩2分 完全予約制・全個室

0120-4618-52

  1. 神戸精密入れ歯歯科室
  2. 患者様の声
  3. 患者様の声

孫娘の前で大きく口を開けて笑みを見せる喜び

患者様の声

BPS精密入れ歯

年代

60代

性別

男性

an1(1)

KINOSHITA DENTAL OFFICE
木下貴雄 院長様

お陰さまで日常生活に置いて普通に食事が出来る様になりました。人間生きて行く上で毎日の食事はかかせませんが、歯に支障が出るとそうした普通の生活が困難になり、栄養源がたたれ、肩こりや頭痛の原因になり、またストレスとなり、本人はおろか対人をも巻き込み仕事面でも影響を及ぼします。
昨年の三月頃そうした悩みをかかえていました。普通は仕事で部屋にこもる事が多く人とあまり接しませんが、金、土曜日は高校生や大学生と講義の傍ら対面して打ち合わせする事が多く『歯』を見られる機会が多くいつも引け目を感じておりました。他人はその場では何も言いませんが歯はやはり綺麗な方が良いのはわかります。
二月のある日、いつも通院していた仕事場の近所の先生が急に亡くなられて三宮の歯医者を訪れましたが、レントゲン撮影後どことも顎の骨の薄さを指摘され断られ、中には大阪の医大の紹介状を書いてくださる歯科医もありました。
仕事がかなりタイトな事もあり大阪まで通院するのは無理と考え、近くに入れ歯の専門医はないかネットで調べた結果知り得たのがKINOSHITA DENTAL OFFICEでした。
仕事先の社長さんの息子さんがやはり歯科医を経営されていますが、私の場合普通の歯科医では無理と判断してKINOSHITA DENTAL OFFICEを決めました。
その要因はネットの内容です、特にブログの内容に木下先生の治療に対する熱意を感じ取りました。まだお若く開業年数も少なく見えましたが木下先生に託してみようと思いました。実際にお会いして先生のお人柄や診療室、スタッフの方々の対応から即座に全面的にお任せしようと思いました。
5月1日の歯の摘出手術は自分にとって戦いの日でした。『顎が異常に薄いために非常に難易度の高い治療になり、入れ歯そのものの作成も難しい』とお聞きしてましたし『自分の歯を失う事のショックで精神的に落ち込み、泣かれる方もいらっしゃる』と話されていましたが私は不思議にそうした不安はありませんでした、木下先生を信頼していたからだと思います。
むしろこれで普通に食事が出来て、思いっきり口を開けて笑える事を想定していました。しばらくはお粥生活が続き食事が困難でしたが最初から想定してましたし、後は時間が解決してくれると思っていました、実際その通りになりました。
歯の治療の詳細は家族にもほとんど話しておりませんでしたが最近少しずつ話す様になりました、私自身が落ち込んでいたり、治療の大変さを話すと妻などは逆にストレスになると感じたからです。妻も以前に歯のインプラント治療経験があり、術後の経過が今でもあまり良くなく時々ストレスを感じているようです。
診療室の心地よい音楽や雰囲気はとても快適でした、木下先生の治療技術はもちろんですが患者に対する接し方を重要視されている姿勢は立派です。
本当に普通の日常生活を送れる事に感謝申し上げます、ありがとうございました。孫娘は現在一歳と一ヶ月ちょっと経ちましたが歩けるようになり、元気一杯駆け回ってます。
孫娘の前で大きく口を開けて笑みを見せる喜びを感じております。
木下先生の今後のご活躍をお祈り申し上げます。またスタッフの方には治療後優しく話かけてくださり癒されました、宜しくお伝え下さい。
仕事に追われ返事が遅くなりました事をお許し下さい。

 

一覧に戻る