美しい歯を取り戻してほしいという想い

入れ歯にも審美を…

shinbi_img_01

入れ歯の審美的な観点での悩みを抱えていませんか?

入れ歯にして顔が老けた。 口元のボリュームが無くなった、いかにも入れ歯みたいな顔になってしまった。 これから入れ歯になるに当たって、人前にでられるくらいの見た目に回復できるのか心配。 このようなお悩みを抱えていらっしゃる方が、たくさんいらっしゃいます。 理由としましては、入れ歯の専門の先生方はどちらかというと年配の先生が多く、入れ歯が安定する、痛くないというところがメインにしておられ、自然な口元や見た目の回復までしっかり考えて作られている先生が少ないという事です。また、年配が故の審美的な観点のセンスという部分の物足りなさなども不満を抱えている患者様もいらっしゃいます。

当医院は、審美にこだわった入れ歯作りを提供します。

院長木下自身は、もともとインプラントや審美修復治療の専門でした。もちろん現在もマイクロスコープを使用して審美セラミック専門技工士と力を合わせ、審美歯科のお悩みの患者様も治療させて頂いております。 審美歯科専門サイトは こちら>> その為、口元の審美回復にかけては入れ歯の世界では若手のドクターとなり、今までの入れ歯に対する常識とは異なった意識を持っています。 セラミック等の審美修復の世界では当たり前のことが、入れ歯の世界ではかなりセンセーショナルな部分が多いようです。 例えば当院の症例写真は患者様によく綺麗だと言って頂けますが、これはセラミック修復の世界での写真の撮り方で撮影しています。 また、女性の場合はより若々しく美しい口元を作るだけではなく、口紅のひきやすい、口紅映えのしやすい歯の形や色も考えて製作しています。 これも、入れ歯の世界では特殊なことのようです。 もちろん入れ歯専門技工士と立ち会いもあるからこそ達成できる事ですが、自然な口元、自然な笑顔を取り戻して頂く為に、日夜努力しています。
shinbi
101 140 _DSC9356 _DSC5889