入れ歯作製の流れ 工程 材料 種類

入れ歯作製の流れ

スケジュール詳細 入れ歯作製の工程・材料・種類

初診 第1日目

step1 カウンセリング

歯科の診療イスというのは緊張するもの。
緊張感の中では、なかなか自分の言いたいことや、本当にして欲しい要望は言いにくいものです。
そこで、神戸精密入れ歯歯科室では、いきなり診療室に入って頂くのではなく、まずはカウンセリングルームでゆっくりとリラックス出来る環境の中、患者様一人一人の御身体のこと、細かな御要望、今までの入れ歯でのお悩みを聞かせて頂きます。

step2 お口の精密検査

精密入れ歯製作に必要な、お口の中の全ての情報を検査させて頂きます。

口腔内写真

歯肉や顎の骨の形、色、軟らかさ、噛み合わせ等を診ていきます

レントゲン

顎の骨の状態、顎の関節の状態を診ていきます

全身写真

必要に応じてお顔や全身の写真を撮らさせて頂いて、どちらで噛み癖があるのか、噛み合わせのバランス、身体の歪み等を診ていきます。

step3 診断結果のご報告 治療計画の説明

精密検査によって得られた情報をもとに、総合的に今のお口の状態を診断させて頂き、その診断結果をお伝えするとともに、様々な治療方法の中から患者様一人一人の御要望やライフスタイルに合わせて、共に治療方針を考えていきたいと思います。 この時に実際の治療期間や、費用等も説明させて頂きます。

第2日目 外形印象 噛み合わせ採得

ここからが精密入れ歯治療のスタートです。
BPS生体機能的超精密義歯のシステムを導入し、まずは入れ歯治療に必要なお口の型取りと、噛み合わせを採らさせて頂きます。

BPSシステムキット 概形の型取りと、おおよその噛み合わせを採得します。

セントリックトレーによるセントリックバイト

アキュートレー+アキューゲルによる概形印象

第3日目 精密な型取り 顎の動きの記録

二日目に採得したおおよその型と噛み合わせから作製した、それぞれの患者様専用にカスタムされた型取り用トレーと、顎の運動を精密に記録する装置を作製し、それを実際のお口の中で、型取りと顎の運動を同時に記録していきます。 ここが、BPS精密義歯治療の「要」となる部分です。 入れ歯専門技工士の立ち会いのもと、4種類のシリコン印象材という精密な型取りの材料を駆使し、実際に食事や会話をする時の運動や歯ぐきの形を患者様に再現して頂き、それを精密に形にしていきます。型取りだけでも、合計6回行い、診療時間も2時間必要になります。

ナソメータ 精密印象用トレー+ゴシックアーチトレーサー

顎の運動経路の記録

ナソメーターによる精密印象 顎の運動の記録

採得された精密印象とチェックバイト

第4日目 完成直前まで作製した入れ歯の試し入れ 最終確認

三日目に採得した精密な型取りと、顎の運動の記録をもとに、入れ歯専門技工士が丹誠込めて入れ歯を形にしていきます。
一気に完成させたい所ですが、じっくりじっくり確認しながらいい入れ歯にするべく、完成直前のロウの入れ歯まで仕上げて、もう一度実際のお口の中で最終確認を行います。

完成直前まで仕上げられたロウの状態のBPS精密義歯

実際のお口の中で噛み合わせや適合等の最終確認
を行います

第5日目 BPS精密義歯完成

四日目に最終確認を行い、微調整をした精密入れ歯を丁寧に仕上げていきます。入れ歯専門技工士がここで入れ歯に魂を込めて、入れ歯を芸術作品の域まで導いていきます。
入れた瞬間に感動する、お口にしっくりとフィットするBPS精密義歯の完成です。


多くの歯を抜歯され初めて総入れ歯を装着される患者様の場合
治療の流れ・料金 詳細はこちら >>