KINOSHTA DENTAL OFFICE

入れ歯専門歯科医院|神戸精密入れ歯歯科室

阪急神戸線御影駅徒歩2分 完全予約制・全個室

0120-4618-52

  1. 神戸精密入れ歯歯科室
  2. 入れ歯治療例
  3. 入れ歯治療例個別

14.重度の歯周病で顎が強く吸収した状態を、精密義歯にて修復

全体的な重度な歯周病と、左下の顎が見えないくらいの骨の吸収がある患者様です。

症例

BPS精密入れ歯

年代

50代

性別

男性

治療前

全体的な重度な歯周病と、左下の顎が見えないくらいの骨の吸収がある患者様で、何軒もの歯医者さんで治療することができないと断られた患者様です。
レントゲンでも今にも折れてしまいそうなくらい、左下の骨の吸収が著しかったので、非常に難易度の高い入れ歯治療となりました。

 

1

治療後

精密入れ歯にて、技工士立ち会いのもと何度も型取りを繰り返し、顎の形にフィットした左右の非対称が強い入れ歯となりましたが、最終的には審美的にも満足して頂くことができ、安定剤を使わなくてもなんでも食事して頂くことができるようになられました。

 

「治療費用」

抜歯後の仮歯、リハビリ用の仮歯、最終の精密審美義歯 総額 210万円

「起こりうるリスクやデメリット」

多数の歯の抜歯を伴う治療であるため、全身疾患をお持ちの患者様の場合は、担当の内科医との相談の上治療を行う必要があります。グラグラの歯を抜歯して精密な入れ歯を入れるため、よく噛めるようにはなりますが、入れ歯を入れた初期の頃は、違和感や発音の問題が起こる場合があります。治療が進むに当たり、微調整を繰り返し、そのような問題は解消していきます。

 

 

a

b

 

一覧に戻る