KINOSHTA DENTAL OFFICE

入れ歯専門歯科医院|神戸精密入れ歯歯科室

阪急神戸線御影駅徒歩2分 完全予約制・全個室

0120-4618-52

  1. 神戸精密入れ歯歯科室
  2. 入れ歯治療例
  3. 入れ歯治療例個別

4.インプラントを全て撤去して精密義歯にて修復

長年のインプラント治療を受けられた患者様ですが、全て撤去して上下総入れ歯にして欲しいという御要望で来られた患者様です。

症例

BPS精密入れ歯

インプラント撤去

年代

60代

性別

女性

治療前

他院にて3年間の治療期間を経て、上下に合計15本ものインプラント治療を受けられた患者様ですが、全く咬めない上に食後に食べ物が口の中にはさまって仕方がないので、全て撤去して上下総入れ歯にして欲しいという御要望で来られた患者様です。
全てのインプラントの被せ物を撤去する事が非常に困難で、はずして即時に入れ歯を入れる事も難しく、入れ歯専門技工士とインプラント担当技工士と綿密な計画を立てて、治療をスタート致しました。

1

2

3

インプラント除去後

4

5

治療後

インプラント撤去後すぐに治療用の仮の入れ歯を入れて、噛み合わせと筋肉のリハビリを行いました。インプラントのため何度も外科処置をされている非常に薄い歯肉で、安定するまで時間はかかりましたが、最終的には上下非常に快適に食事して頂けるようになり、見た目もとても若返って頂くことができました。
入れ歯の下にインプラントがあるため、入れ歯の強度を出す為にメタルプレートとメタルトゥースにて対応しております。

 

「治療費用」

インプラント撤去後の仮歯、リハビリ用の仮歯、最終の精密審美義歯(メタルプレート、メタルトゥース)

総額 350万円

「起こりうるリスクやデメリット」

仮の入れ歯治療によるリハビリテーションによって、よく噛めるようにはなりますが、入れ歯を入れた初期の頃は、違和感や発音の問題が起こる場合があります。治療が進むに当たり、微調整を繰り返し、そのような問題は解消していきます。

 

6

7

8

9

10

 

一覧に戻る