隙間のない精密な治療を目指して

2018年02月10日


歯科治療の基本中の基本となるのが、いわゆる虫歯治療ではありますが、この虫歯治療も正確に精密にやり切ることは本当に難しく、一つ一つのステップをいかにじっくり丁寧に行うのかが、後々の結果を大きく左右します。
患者様が歯科医院でお話しされる内容の中で、「治療した歯から又悪くなる」というお言葉はよく耳にします。
つまり目に見えない「虫歯菌」という細菌と戦う歯科治療が故、少しでも治療した後に隙間があれば、又そこから虫歯菌が侵入し虫歯の再発が起こります。
「治療した歯は、もう虫歯にならないのでは?」という患者様の解釈は当然ではありますが、実際のデータ上では、歯科医院で治療されている内容のほとんどが、「再治療」です。
今回ご紹介する内容は、過去に歯の神経をとる治療をされた歯が、根の先に膿の袋ができてしまったケースです。
不適合な詰め物や被せ物を除去し、根の中を丁寧に掃除をし、新たな虫歯菌が侵入してこないように緊密に充填した治療です。
レントゲンの矢印の部分に写っている風船のような黒い影が、治療後には綺麗に消失していることがわかります。
行った治療は非常にシンプルで、悪いものを全て除去し、できた空間を緊密に隙間の無いようにつめた内容ではありますが、全てのステップを確実に丁寧に行うことで、一本の歯を無事保存できた治療です。
この確実な治療ステップを達成する為、当院では全ての治療を顕微鏡下で行い、お一人の患者様に貸し切り診療にて十分なお時間を確保し、すべてドクター対応にこだわった精密な治療を行なっております。

_DSC2281
スクリーンショット 2018-02-09 19.13.06
スクリーンショット 2018-02-09 19.13.54
DSC_0044


«  |  記事一覧 |